本文へスキップ

 株式会社キューリンは、病院からお預かりした血液などの検体検査を行う病理医化学細菌検査を専門とする会社です。

TEL. 093(642)3911

〒806-0046 福岡県北九州市八幡西区森下町27-25

業務内容SERVICE【微生物検査 - 特殊検査】

遺伝子タイピング (PFGE、POT法)

食中毒や院内感染を始めとした集団感染時には、 感染源の追跡調査の一環として分子疫学解析が必要となります。
分子疫学解析とは個々の菌株が同一か否かを判定する手法です。
細菌の分子疫学解析の方法はいろいろ存在しますが、一般にパルスフィールドゲル電気泳動法 (PFGE 法)が用いられています。
PFGE 法 の特徴として、菌株が同一か否かを判定するための解析能力すなわち識別能力が高く、かつ再現性が高いことに加え、ほとんどの菌種で実施可能であるということが挙げられます。
POT法は近年わが国で開発された方法であり、簡便で結果を数値化できる点が優れています。
PFGE法は最短で3日かかりますが、POT法は1日で実施可能です。
しかしながら、実施可能な菌種が限られていることおよびStaphylococcus aureusではPFGEと同等の識別能があると報告されていますが、その他の菌種における識別能はPFGEの方が優れていると考えられます。

耐性遺伝子検査 (病原因子及び菌種の同定を含む)

Enterococcus
 VREセット1: vanA, vanB, vanC1, vanC2
 VREセット2: vanD, vanE, vanG
Staphylococcus属:mecA, mecC, blaZ
 Staphylococcus aureus:PVL(Panton-Valentine Leucocidin)
Clostridium difficile:同定およびtoxin-A, toxin-B
Clostridium tetani:同定および破傷風毒素
Corynebacterium diphtheriae:同定およびジフテリア毒素
Escherichia coli (大腸菌)
 毒素:VTEC/STEC ベロ毒素(VT-1, VT-2)
●ETEC(毒素原性大腸菌:易熱性毒素、耐熱性毒素)、EPEC(腸管病原性大腸菌)
●EAEC(腸管凝集性大腸菌)、EIEC(腸管侵入性大腸菌)
Haemophilus influenzae type B
その他菌種同定各種:Helicobacter cinaedi, Nocardia sp. など

●βラクタマーゼ検出
 ESBLセット1:CTX-M-14, TEM, DHA-1 (AmpC)
 ESBLセット2:CTX-M-2, SHV, CTX-M-3, CMY-2 (AmpC)
 カルバペネマーゼ1:IMP-1, VIM-1, KPC-2, MHT (mCIMテスト)
 カルバペネマーゼ2:IMP-2, VIM-2, GES-1, NDM-1
 カルバペネマーゼ3:SME-1, NMC-A, IMI-1, OXA-48
 その他:CTX-M-8など
TEM, SHV陽性でもESBLとは限りません。
Typeの決定には、別途全塩基配列解析が必要です。

その他遺伝子検査 ...近日受託開始

16S rRNA, rpoBなどによる菌種同定(細菌、真菌)
β-lactamase 構造遺伝子の塩基配列決定による型別
遺伝子変異検出による耐性機序の検討
その他微生物に関する試験、研究については別途ご相談ください。

環境検査


透析液検査